4.1.6. Cygwinについて

マイコン入門spacer ad
トップページに戻る(マイコン徹底入門:STM32で始めるARM/Cortex-M3組み込み開発)
「マイコン徹底入門」とは? |  「マイコン徹底入門」を読む |  ダウンロード |  掲示板 |  筆者の自己紹介


Previous: 4.1.5.3. Flash Loader Demonstratorのインストール

Up: 4.1. 開発ツールのインストール

Next: 5. ワークスペースの構築


マイコン徹底入門:導入編:オープンソースでCortex-M3/STM32の開発環境を無償構築: 4. ソフトウェアのダウンロードとインストール: 4.1. 開発ツールのインストール:

4.1.6. Cygwinについて

 GNUツールを使用して開発する際には、Windowsを開発機として使用する場合であっても、UNIX系のツールやコマンドを使用することがよくあります。その際に用いられるのがCygwinです。CygwinCygwin環境向けにコンパイルされたUNIXプログラム(ツールやコマンド)を、cygwin.dllというライブラリを使用することで、Windows環境でも動作可能にします。

 ただ本書では一連の開発作業をすべてWindowsネイティブ環境で行いますので、Cygwinは使用しません。UNIXに慣れている方や、UNIXツールを併用して開発を行いたい方は、Cygwinもインストールして利用するとよいでしょう。


Previous: 4.1.5.3. Flash Loader Demonstratorのインストール

Up: 4.1. 開発ツールのインストール

Next: 5. ワークスペースの構築


このページはITと知的財産の法律情報「法務ネット」の管理人が制作・運営しています。