2.4.6.5. イメージデータ

マイコン入門spacer ad
トップページに戻る(マイコン徹底入門:STM32で始めるARM/Cortex-M3組み込み開発)
「マイコン徹底入門」とは? |  「マイコン徹底入門」を読む |  ダウンロード |  掲示板 |  筆者の自己紹介


Previous: 2.4.6.4. 情報ヘッダ

Up: 2.4.6. BMPファイルの表示

Next: 2.4.7. プログラムによる処理


マイコン徹底入門:周辺回路編:STM32のペリフェラルを活用: 2. 汎用入出力(GPIO): 2.4. カラー液晶の利用: 2.4.6. BMPファイルの表示:

2.4.6.5. イメージデータ

 BMPファイルのイメージデータは原則としてボトムアップ形式であり、画像として見たときに一番下になる行のデータから順に格納されています。ただし左右方向では、右から始まるわけではなく、左側から順に格納されています。

 「flat.bmp」であれば、イメージデータの最初の部分は、「6E 85 B5」から始まっています。


Previous: 2.4.6.4. 情報ヘッダ

Up: 2.4.6. BMPファイルの表示

Next: 2.4.7. プログラムによる処理


このページはITと知的財産の法律情報「法務ネット」の管理人が制作・運営しています。
_Toc266801166