2.4.7. プログラムによる処理

マイコン入門spacer ad
トップページに戻る(マイコン徹底入門:STM32で始めるARM/Cortex-M3組み込み開発)
「マイコン徹底入門」とは? |  「マイコン徹底入門」を読む |  ダウンロード |  掲示板 |  筆者の自己紹介


Previous: 2.4.6.5. イメージデータ

Up: 2.4. カラー液晶の利用

Next: 2.4.7.1. ボトムアップ


マイコン徹底入門:周辺回路編:STM32のペリフェラルを活用: 2. 汎用入出力(GPIO): 2.4. カラー液晶の利用:

2.4.7. プログラムによる処理

 今回のサンプルプログラムではBMPファイルのオープン処理と表示処理をshow_bmp関数にまとめています。この関数は実験的要素が強いので関数内にエラーをシリアル経由で表示させるための命令が入っています。ちゃんとした画像表示用の関数として作成するのであれば、ファイルの初期化部分をまず分離し、エラーについては関数の戻り値として返させる形とするのがよいでしょう。


Previous: 2.4.6.5. イメージデータ

Up: 2.4. カラー液晶の利用

Next: 2.4.7.1. ボトムアップ


このページはITと知的財産の法律情報「法務ネット」の管理人が制作・運営しています。
_Toc266801166