2.4. カラー液晶の利用

マイコン入門spacer ad
トップページに戻る(マイコン徹底入門:STM32で始めるARM/Cortex-M3組み込み開発)
「マイコン徹底入門」とは? |  「マイコン徹底入門」を読む |  ダウンロード |  掲示板 |  筆者の自己紹介


Previous: 2.3.5. 関数化したサンプルプログラム

Up: 2. 汎用入出力(GPIO)

Next: 2.4.1. ST7735


マイコン徹底入門:周辺回路編:STM32のペリフェラルを活用: 2. 汎用入出力(GPIO):

2.4. カラー液晶の利用

 消費者向け電子機器でのカラー液晶の利用が進んでいます。カラー液晶は図形や写真などを表現力豊かに表示することができ、非常に魅力的なデバイスです。筆者が初めて購入した携帯電話の液晶画面はモノクロ画面でしたが、今ではモノクロ液晶を搭載した携帯電話はほとんど見かけなくなってしまいましたね。携帯電話でのカラー液晶の利用が進んだお陰で、ホビー向けの電子工作でも、携帯電話向けのカラー液晶が利用できるようになってきました。ものによってはモノクロ液晶並みの価格で利用できるものもあります。そこで本章ではカラー液晶の利用方法を紹介します。


Previous: 2.3.5. 関数化したサンプルプログラム

Up: 2. 汎用入出力(GPIO)

Next: 2.4.1. ST7735


このページはITと知的財産の法律情報「法務ネット」の管理人が制作・運営しています。
_Toc266801166