2.1.2.2. 8×8ドットマトリックスLED

マイコン入門spacer ad
トップページに戻る(マイコン徹底入門:STM32で始めるARM/Cortex-M3組み込み開発)
「マイコン徹底入門」とは? |  「マイコン徹底入門」を読む |  ダウンロード |  掲示板 |  筆者の自己紹介


Previous: 2.1.2.1. 5×7ドットマトリックスLED

Up: 2.1.2. 配線

Next: 2.1.3. プログラム


マイコン徹底入門:周辺回路編:STM32のペリフェラルを活用: 2. 汎用入出力(GPIO): 2.1. マトリックスLEDのダイナミック点灯: 2.1.2. 配線:

2.1.2.2. 8×8ドットマトリックスLED

6?59 8×8マトリックスLEDのピン配列 行・列との対応関係                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            

***上面図をピン番号がわかるようにトレース サイズ不要 側面図は不要 内部配線図とピン番号図はそのままトレース C-4880データシート(PARA LIGHT)より引用***

 ここでは秋月電子や共立電子で販売されているPARA LIGHT8×8マトリックスLEDC-4880」を使用します( 6?59)。カソードコモンですから、行側の端子(ROW)にはソースドライバ、列側(COL)の端子にはシンクドライバを接続します。ビットと各ピンの対応関係は 6?12の通りです。

6?12 ビット・シフトレジスタのピン・トランジスタアレイのピン・LEDのピンとの対応関係表

 

 

 

 

7

6

5

4

3

2

1

0

ビット

 

 

 

 

Q1

Q2

Q3

Q4

Q5

Q6

Q7

Q8

シフトレジスタ

 

 

 

 

I8

O8

I7

O7

I6

O6

I5

O5

I4

O4

I3

O3

I2

O2

I1

O1

ドライバ

 

 

 

 

1

2

3

4

5

6

7

8

LED

0

Q8

I1/O1

1

 

1

Q7

I2/O2

2

 

2

Q6

I3/O3

3

 

3

Q5

I4/O4

4

 

4

Q4

I5/O5

5

 

5

Q3

I6/O6

6

 

6

Q2

I7/O7

7

 

7

Q1

I8/O8

8

 

ビット

シフトレジスタ

ドライバ

LED

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 8×8のマトリックスLEDはそのままではブレッドボードに挿せないので、一旦別のブレッドボードを介しています(写真 6?31)IC4つ必要になるので接続は大分と複雑になります(写真 6?32)

写真 6?31 8×8マトリックスLEDは普通のブレッドボードに挿せないので一旦別のブレッドボードに挿している

***P2050511***

写真 6?32 シフトレジスタを使用して8×8マトリックスLEDを接続した状態

***P2050500***


Previous: 2.1.2.1. 5×7ドットマトリックスLED

Up: 2.1.2. 配線

Next: 2.1.3. プログラム


このページはITと知的財産の法律情報「法務ネット」の管理人が制作・運営しています。
_Toc266801166