5.4.6.3. ファームウェアライブラリ使用の宣言

マイコン入門spacer ad
トップページに戻る(マイコン徹底入門:STM32で始めるARM/Cortex-M3組み込み開発)
「マイコン徹底入門」とは? |  「マイコン徹底入門」を読む |  ダウンロード |  掲示板 |  筆者の自己紹介


Previous: 5.4.6.2. クリスタルの周波数が異なるボードの場合

Up: 5.4.6. ファームウェアの修正

Next: 5.4.6.4. gccへの対応:intとsigned intの違いへの対応


マイコン徹底入門:導入編:オープンソースでCortex-M3/STM32の開発環境を無償構築: 5. ワークスペースの構築: 5.4. ファームウェア・設定ファイルの修正: 5.4.6. ファームウェアの修正:

5.4.6.3. ファームウェアライブラリ使用の宣言

 STM32のファームウェアライブラリの標準設定では、ライブラリの関数を使用しないという設定になっています。これを使用する設定に変更します。

 本書の環境のmakefileでは、コンパイルオプションでマクロを強制的に定義していますので、ファームウェアのソースコードを修正しなくても動作はします。ただ変更しないままだと、EclipseCDTがファームウェアライブラリが使用されていることを認識せず、シンタックスカラーリングなどが動作しません。そのためできれば変更しておいた方がよいでしょう。

 先ほどと同じstm32f10x.hの、81行目付近が以下のようなコードとなっているはずです。

#if !defined? USE_STDPERIPH_DRIVER

/**

?* @brief Comment the line below if you will not use the peripherals drivers.

?? In this case, these drivers will not be included and the application code will

?? be based on direct access to peripherals registers

?? */

? #define USE_STDPERIPH_DRIVER

#endif

 「#define USE_STDPERIPH_DRIVER」の部分のコメントを外し、ファームウェアライブラリを使用することを宣言します。上記はコメントを外した後の状態です。


Previous: 5.4.6.2. クリスタルの周波数が異なるボードの場合

Up: 5.4.6. ファームウェアの修正

Next: 5.4.6.4. gccへの対応:intとsigned intの違いへの対応


このページはITと知的財産の法律情報「法務ネット」の管理人が制作・運営しています。