6.2.3.1. DFUモードでの起動

マイコン入門spacer ad
トップページに戻る(マイコン徹底入門:STM32で始めるARM/Cortex-M3組み込み開発)
「マイコン徹底入門」とは? |  「マイコン徹底入門」を読む |  ダウンロード |  掲示板 |  筆者の自己紹介


Previous: 6.2.3. DFUを使用する場合

Up: 6.2.3. DFUを使用する場合

Next: 6.2.3.2. ドライバのインストール


マイコン徹底入門:導入編:オープンソースでCortex-M3/STM32の開発環境を無償構築: 6. ビルドと書き込み: 6.2. フラッシュへの書き込み: 6.2.3. DFUを使用する場合:

6.2.3.1. DFUモードでの起動

 PCとマイコンボードをUSBケーブルで接続してください。マイコンボードにUSB経由で電源が供給され、マイコンが起動します。

写真 6?3 STBeeUSBケーブルでPCに接続したところ

 このときマイコンボードにユーザプログラムが書き込まれていない状態であれば、USBから電源が供給されるだけでDFUモードになります。既にユーザプログラムが書き込み済みのボードを使用した場合には、DFUモードにする必要があります。

 マイコンボードをDFUモードにするには、マイコンボード上のユーザボタンを押しながらUSBコネクタを接続するか、接続した後に、ユーザボタンを押しながら、リセットボタンを押してください。正確に言うと、マイコンボードが起動する瞬間にユーザボタンが押されていればかまいませんので、ユーザボタンを押しながら、リセットスイッチを離せばよいです(リセットスイッチを押す時点ではユーザボタンを押していなくてもよいということです)CQ-STARMCQ-ST103Zにはオンボードスイッチが実装されていないのですが、ファームウェアが定めるピンを規定のレベルにしてリセットすると、DFUモードになります。


Previous: 6.2.3. DFUを使用する場合

Up: 6.2.3. DFUを使用する場合

Next: 6.2.3.2. ドライバのインストール


このページはITと知的財産の法律情報「法務ネット」の管理人が制作・運営しています。