2.3.2.3.2. STM32-P103/CQ-STARMBB

マイコン入門spacer ad
トップページに戻る(マイコン徹底入門:STM32で始めるARM/Cortex-M3組み込み開発)
「マイコン徹底入門」とは? |  「マイコン徹底入門」を読む |  ダウンロード |  掲示板 |  筆者の自己紹介


Previous: 2.3.2.3.1. ヘッダボード

Up: 2.3.2.3. シリアルケーブルの接続

Next: 2.3.2.3.3. STM3210E-EVAL


マイコン徹底入門:導入編:オープンソースでCortex-M3/STM32の開発環境を無償構築: 2. ハードウェアの選定と接続: 2.3. シリアル通信: 2.3.2. USBシリアル変換アダプタを使用する場合: 2.3.2.3. シリアルケーブルの接続:

2.3.2.3.2. STM32-P103/CQ-STARMBB

 D-SUB9ピンコネクタが実装されているボードについては、簡単に接続が可能です。STM32-P103CQ-STARMBBにはD-SUB9ピンメスコネクタが実装されており、内部でクロス結線されています。そのためUSBシリアルケーブルのD-SUB9ピンオスコネクタを直接接続するだけで、接続完了となります。なおSTM32-P103についてはUSBシリアルケーブルをボート上のD-SUB9ピンメスコネクタに直接接続しようとすると、メスコネクタのねじ受部分が邪魔になります。物理的に接続が難しい場合には、RS-232Cストレート延長ケーブル(オスコネクタ-メスコネクタ)を使用していったん延長してから接続してください。ねじ受部分は、ペンチ等で回せば簡単に取り外せますが、コネクタの外枠部分が外れてしまいますので注意してください。


Previous: 2.3.2.3.1. ヘッダボード

Up: 2.3.2.3. シリアルケーブルの接続

Next: 2.3.2.3.3. STM3210E-EVAL


このページはITと知的財産の法律情報「法務ネット」の管理人が制作・運営しています。