3.1.3.2. 特性の確認

マイコン入門spacer ad
トップページに戻る(マイコン徹底入門:STM32で始めるARM/Cortex-M3組み込み開発)
「マイコン徹底入門」とは? |  「マイコン徹底入門」を読む |  ダウンロード |  掲示板 |  筆者の自己紹介


Previous: 3.1.3.1. 転倒センサの仕組み

Up: 3.1.3. 転倒センサ

Next: 3.1.3.3. チャタリング


マイコン徹底入門:周辺回路編:STM32のペリフェラルを活用: 3. タイマ: 3.1. 入力スキャニング処理: 3.1.3. 転倒センサ:

3.1.3.2. 特性の確認

 それでは先ほどと同じように、マイコンに接続する前に、特性を確認しておきましょう。製品としての推奨動作電圧は5Vのようですので、3.3Vで動作させるとどのような結果となるかは自分で確認しておかないといけません。

 RLをいろいろと変えてみて、出力がどう変化するか確認します。 8?17が筆者の実験結果です。

8?17 Tip点灯スイッチの実測特性

 

コレクタ接続

エミッタ接続

RL

ON(水平)

OFF(傾斜)

ON(水平)

OFF(傾斜)

10kΩ

1.9V

3.2V

1.2V

0.05V

47kΩ

0.18V

3.0V

3.0V

0.25V

100kΩ

0.14V

2.7V

3.1V

0.47V

220kΩ

0.12V

2.0V

3.1V

1.1V

470kΩ

0.1V

0.90V

3.1V

2.4V

 コレクタ接続の場合には、RL10kΩ、470kΩの時はマイコンの入力条件を満たしません。そこで中間の100kΩぐらいが望ましいと考えられます。一方エミッタ接続の場合は、条件がシビアで、RL10kΩ、220kΩ、470kΩの時は入力条件を満たしません。47kΩと100kΩの中間ぐらいに設定すればよいということがわかりますが、可能であればコレクタ接続で使用した方がよいでしょう。


Previous: 3.1.3.1. 転倒センサの仕組み

Up: 3.1.3. 転倒センサ

Next: 3.1.3.3. チャタリング


このページはITと知的財産の法律情報「法務ネット」の管理人が制作・運営しています。
_Toc266801166