3.1.3.3. チャタリング

マイコン入門spacer ad
トップページに戻る(マイコン徹底入門:STM32で始めるARM/Cortex-M3組み込み開発)
「マイコン徹底入門」とは? |  「マイコン徹底入門」を読む |  ダウンロード |  掲示板 |  筆者の自己紹介


Previous: 3.1.3.2. 特性の確認

Up: 3.1.3. 転倒センサ

Next: 3.1.3.4. サンプルプログラム(シリアル出力)


マイコン徹底入門:周辺回路編:STM32のペリフェラルを活用: 3. タイマ: 3.1. 入力スキャニング処理: 3.1.3. 転倒センサ:

3.1.3.3. チャタリング

 転倒スイッチは構造上、状態変化(転倒・復帰)時に、長時間チャタリングが発生します。転倒するとそのショックで転倒スイッチの中でボールが暴れて、フォトトランジスタがONOFFを繰り返すのです。転倒スイッチの仕様書によれば、30ms以下の周期で転倒スイッチの状態の確認を行い、500ms以上連続でHレベル又はLレベルが継続したときに、転倒スイッチのONOFF判定を行うことが推奨されています。


Previous: 3.1.3.2. 特性の確認

Up: 3.1.3. 転倒センサ

Next: 3.1.3.4. サンプルプログラム(シリアル出力)


このページはITと知的財産の法律情報「法務ネット」の管理人が制作・運営しています。
_Toc266801166