3.1.3.4. サンプルプログラム(シリアル出力)

マイコン入門spacer ad
トップページに戻る(マイコン徹底入門:STM32で始めるARM/Cortex-M3組み込み開発)
「マイコン徹底入門」とは? |  「マイコン徹底入門」を読む |  ダウンロード |  掲示板 |  筆者の自己紹介


Previous: 3.1.3.3. チャタリング

Up: 3.1.3. 転倒センサ

Next: 3.1.3.5. サンプルプログラム(マトリックスLEDへの表示)


マイコン徹底入門:周辺回路編:STM32のペリフェラルを活用: 3. タイマ: 3.1. 入力スキャニング処理: 3.1.3. 転倒センサ:

3.1.3.4. サンプルプログラム(シリアル出力)

サンプルプログラム

tim4_scan_tip_switch

8?55 回路図

 点灯を検出して、シリアル出力するサンプルプログラムです。回路図は 8?55です。

 転倒スイッチもマイコンから見れば単なるフォトインタラプタですから、プログラムの基本的な処理内容は同じです。ただチャタリングの確認時間が長いですから、タイマの周期と確認回数を長くとってあります。


Previous: 3.1.3.3. チャタリング

Up: 3.1.3. 転倒センサ

Next: 3.1.3.5. サンプルプログラム(マトリックスLEDへの表示)


このページはITと知的財産の法律情報「法務ネット」の管理人が制作・運営しています。
_Toc266801166