5.1.3.1. リセット

マイコン入門spacer ad
トップページに戻る(マイコン徹底入門:STM32で始めるARM/Cortex-M3組み込み開発)
「マイコン徹底入門」とは? |  「マイコン徹底入門」を読む |  ダウンロード |  掲示板 |  筆者の自己紹介


Previous: 5.1.3. マイコンからの接続

Up: 5.1.3. マイコンからの接続

Next: 5.1.3.2. USARTの初期設定


マイコン徹底入門:周辺回路編:STM32のペリフェラルを活用: 5. USART: 5.1. XBee: 5.1.3. マイコンからの接続:

5.1.3.1. リセット

 回路的にマイコンのパワーオンリセットとXBeeモジュールのリセットが連動させられる場合はよいのですが、そうでない場合、マイコンがリセットされたとしても、XBeeモジュールは以前からの状態を保持しています。そうすると以前の設定が残ったままですから、通信速度が違ったりすることなどにより、マイコンからの設定に失敗します。

 XBeeモジュールの設定に再現性を持たせたい場合には、最初にXBeeモジュールをリセットしましょう。5番ピンがリセットピンになっていますので、これをLレベルにするとリセット状態になります。データシート上は100μs以上リセットを継続させることになっています。ここでは余裕を見て100msの間リセットさせました。

 データシート上特に規定はないのですが、筆者がいろいろと試したところでは、リセット後1300ms以上は待ったあとに設定を開始しないと、設定に失敗しました。そこで余裕をみて、リセット後1500ms待つようにしています。

GPIO_Configuration();

GPIO_ResetBits(GPIOY_0_PORT,GPIOY_0_PIN);

delay_ms(100);

GPIO_SetBits(GPIOY_0_PORT,GPIOY_0_PIN);

delay_ms(1500);


Previous: 5.1.3. マイコンからの接続

Up: 5.1.3. マイコンからの接続

Next: 5.1.3.2. USARTの初期設定


このページはITと知的財産の法律情報「法務ネット」の管理人が制作・運営しています。
_Toc266801166