5.1.3. マイコンからの接続

マイコン入門spacer ad
トップページに戻る(マイコン徹底入門:STM32で始めるARM/Cortex-M3組み込み開発)
「マイコン徹底入門」とは? |  「マイコン徹底入門」を読む |  ダウンロード |  掲示板 |  筆者の自己紹介


Previous: 5.1.2.10. 相互接続

Up: 5.1. XBee

Next: 5.1.3.1. リセット


マイコン徹底入門:周辺回路編:STM32のペリフェラルを活用: 5. USART: 5.1. XBee:

5.1.3. マイコンからの接続

サンプルプログラム

usart_xbee_test_terminal

10?15 回路図

 PCとマイコンとの間でXBeeモジュールを利用して通信をするためのプログラムです。回路図は 10?15です。

 PCのターミナルで文字を入力すると、そのデータが、PCに接続されたXBeeモジュールからマイコンに接続されたXBeeモジュールに送信されます。マイコンは受信された内容をUSART1又はUSART2を使用してエコーバックします。マイコンは常に「I am alive... 」というメッセージをXBeeモジュールを介してPC側に送信し続けています。そのためPC側のXBeeモジュールに接続されたターミナルには、メッセージが表示され続けます。

 XBeeモジュールの設定方法はターミナルから設定を行ったときと同じなのですが、待ち時間の設定に気をつける必要があります。


Previous: 5.1.2.10. 相互接続

Up: 5.1. XBee

Next: 5.1.3.1. リセット


このページはITと知的財産の法律情報「法務ネット」の管理人が制作・運営しています。
_Toc266801166