2.2.1.2. Olimex : ARM-USB-OCD / ARM-USB-TINY

マイコン入門spacer ad
トップページに戻る(マイコン徹底入門:STM32で始めるARM/Cortex-M3組み込み開発)
「マイコン徹底入門」とは? |  「マイコン徹底入門」を読む |  ダウンロード |  掲示板 |  筆者の自己紹介


Previous: 2.2.1.1. ベストテクノロジー : TINY JTAG-ICE2

Up: 2.2.1. 完成品

Next: 2.2.1.3. ST:ST-Link


マイコン徹底入門:導入編:オープンソースでCortex-M3/STM32の開発環境を無償構築: 2. ハードウェアの選定と接続: 2.2. JTAGインターフェース: 2.2.1. 完成品:

2.2.1.2. Olimex : ARM-USB-OCD / ARM-USB-TINY

 ARM-USB-OCD / ARM-USB-TINYOlimexが開発・販売するJTAGインターフェースです。FT2232を使用しています。ARM-USB-OCDTINY JTAGインターフェース2と同じくJTAGポートとRS-232Cポートを内蔵しており、これ1台でスマートに開発が行えます。若干大きさがありますが、RS-232Cポートが標準的なD-Sub9ピンコネクタですので、マイコンボードにも簡単に接続できます。加えて、電源供給機能があり、それほど大きな電力を消費しないのであれば、マイコンボードを動作させてしまうことが可能です。ステータスLEDも一つついています。ARM-USB-TINYARM-USB-OCDから、RS-232C、電源、ステータスLEDを省いたものになります。

 価格はARM-USB-OCD12,000円弱、ARM-USB-TINY7,000円弱となります。Olimexやストロベリーリナックス、ソリトンウェーブから入手可能です。

写真 2?11 ARM-USB-OCD

***P3041206***


Previous: 2.2.1.1. ベストテクノロジー : TINY JTAG-ICE2

Up: 2.2.1. 完成品

Next: 2.2.1.3. ST:ST-Link


このページはITと知的財産の法律情報「法務ネット」の管理人が制作・運営しています。