2.2. JTAGインターフェース

マイコン入門spacer ad
トップページに戻る(マイコン徹底入門:STM32で始めるARM/Cortex-M3組み込み開発)
「マイコン徹底入門」とは? |  「マイコン徹底入門」を読む |  ダウンロード |  掲示板 |  筆者の自己紹介


Previous: 2.1.4. 選択の仕方について

Up: 2. ハードウェアの選定と接続

Next: 2.2.1. 完成品


マイコン徹底入門:導入編:オープンソースでCortex-M3/STM32の開発環境を無償構築: 2. ハードウェアの選定と接続:

2.2. JTAGインターフェース

 JTAGインターフェースには様々な種類がありJTAGケーブルと呼ばれたり、JTAG-ICE (In Circuit Emulator)OCD(On Chip Debugger)と呼ばれたりすることもあります。 本書では安価に入手できるFTDIFT2232をコントローラチップとして実装しているものを利用します。現在入手が容易なFT2232搭載JTAGインターフェースは以下の3つです。

2?2 本書で使用法を解説しているJTAGインターフェース

ベストテクノロジー

TINY JTAGインターフェース2 (BTE067B)

Olimex

ARM-USB-OCD

ARM-USB-TINY

ST Microelectoronics

ST-LINK

 またJTAGインターフェースと銘打った製品ではありませんが、下記のFT2232評価基板は、安価な一方で、簡単な加工で、JTAGインターフェースとして使用することができます。

2?3 本書で使用方法を解説しているFT2232評価基板

ストロベリーリナックス

FT2232HX高速USBシリアル変換モジュールキット

FT4232HX高速USBシリアル変換モジュールキット

秋月電子

FT2232D USB-シリアル2ch変換モジュール

ツール工房

USB2232 USBデュアル変換基板


Previous: 2.1.4. 選択の仕方について

Up: 2. ハードウェアの選定と接続

Next: 2.2.1. 完成品


このページはITと知的財産の法律情報「法務ネット」の管理人が制作・運営しています。