2.2.2.2. 秋月電子:FT2232D USB-シリアル2ch変換モジュール

マイコン入門spacer ad
トップページに戻る(マイコン徹底入門:STM32で始めるARM/Cortex-M3組み込み開発)
「マイコン徹底入門」とは? |  「マイコン徹底入門」を読む |  ダウンロード |  掲示板 |  筆者の自己紹介


Previous: 2.2.2.1. ストロベリーリナックス:FT2232HX/FT4232HX

Up: 2.2.2. FT2232評価基板

Next: 2.2.2.3. ツール工房 : USB2232


マイコン徹底入門:導入編:オープンソースでCortex-M3/STM32の開発環境を無償構築: 2. ハードウェアの選定と接続: 2.2. JTAGインターフェース: 2.2.2. FT2232評価基板:

2.2.2.2. 秋月電子:FT2232D USB-シリアル2ch変換モジュール

 秋月電子が販売しているFT2232D評価基板です。とても安価なのが特徴です。丸ピン仕様になっていますので、ジャンパピンでの接続ではちょっと使いづらいのですが、ブレッドボードであれば逆に刺しやすいでしょう。FT2232D内蔵の3.3V電源が使えない仕様になっていますので、STM32と接続する場合には、マイコンボード側から電源を供給するか、別途レギュレタを搭載する必要があります。またJTAGとして使用する際に必要になるEEPROMを搭載していませんので、表面実装品を別途購入して自分で半田付けする必要があります。特定の品番はないようなのですが、本書では基板シルク上に印刷されている「AE-FT2232」と呼ぶことにします。

FT2232D USB-シリアル2ch変換モジュール

 http://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-02990/

写真 2?14秋月電子:FT2232D USB-シリアル2ch変換モジュール

***P2210901***


Previous: 2.2.2.1. ストロベリーリナックス:FT2232HX/FT4232HX

Up: 2.2.2. FT2232評価基板

Next: 2.2.2.3. ツール工房 : USB2232


このページはITと知的財産の法律情報「法務ネット」の管理人が制作・運営しています。