5.1.2.7. シリアル通信速度の指定

マイコン入門spacer ad
トップページに戻る(マイコン徹底入門:STM32で始めるARM/Cortex-M3組み込み開発)
「マイコン徹底入門」とは? |  「マイコン徹底入門」を読む |  ダウンロード |  掲示板 |  筆者の自己紹介


Previous: 5.1.2.6.2. 送信先のアドレスの指定

Up: 5.1.2. 通信テスト

Next: 5.1.2.8. コマンドモード終了


マイコン徹底入門:周辺回路編:STM32のペリフェラルを活用: 5. USART: 5.1. XBee: 5.1.2. 通信テスト:

5.1.2.7. シリアル通信速度の指定

 最後にモジュールとターミナルとの間の通信速度を変更します。XBeeモジュールは初期状態での通信速度は9600bpsであり少し遅めです。そこで115200bpsに変更したいと思います。通信速度の変更にはBDコマンドを使用します。BDコマンドで指定する数値は通常は 10?4の値を使用します。0x80から0x3D090までの値を設定して、250 kbpsまでの任意の通信速度とすることもできます。

10?4 設定値と通信速度の対応

設定値

通信速度(bps)

0

1200

1

2400

2

4800

3

9600

4

19200

5

38400

6

57600

7

115200

 初期状態では9600bpsになっていることがわかります。

ATBD

3

 そこで以下のように115200bpsに変更します。

ATBD7

OK

 なお通信速度はBDコマンド実行時に直ちに変更されるわけではなく、次のCNコマンドが受け付けられた時点で変更されます。そのためBDコマンドの実行結果も、通信し速度を変更しなくても確認できます。


Previous: 5.1.2.6.2. 送信先のアドレスの指定

Up: 5.1.2. 通信テスト

Next: 5.1.2.8. コマンドモード終了


このページはITと知的財産の法律情報「法務ネット」の管理人が制作・運営しています。
_Toc266801166