5.1.2. 通信テスト

マイコン入門spacer ad
トップページに戻る(マイコン徹底入門:STM32で始めるARM/Cortex-M3組み込み開発)
「マイコン徹底入門」とは? |  「マイコン徹底入門」を読む |  ダウンロード |  掲示板 |  筆者の自己紹介


Previous: 5.1.1. XBeeとは

Up: 5.1. XBee

Next: 5.1.2.1. 接続方法


マイコン徹底入門:周辺回路編:STM32のペリフェラルを活用: 5. USART: 5.1. XBee:

5.1.2. 通信テスト

 XBeeをマイコンから使用する前に、動作の確認のため、まずはPCから接続して、通信テストをしてみましょう。「通信」のために使用しますので、XBeeモジュールは少なくとも2個必要です。またUSB-TTLレベルシリアル通信アダプタも2個必要になります(FT2232FT42322チャンネル以上のポートがあるアダプタなら一つで構いません)PCUSBポートに直接接続できる製品もあります(写真 10?10)

写真 10?10 USBに直接接続できるXBee PROアダプタ 筆者は展示会で入手できたが通常は手に入りにくい これがなくても通常のモジュールをTTLレベルUSBシリアル変換アダプタにつないでも同様ことができる

***P3041161***

 後述のサンプルプログラムは動作確認済みのため、このプロセスを割愛してもXBeeモジュールの使用は可能ですが、できれば自分で動作を実際に確認されることをお勧めします。

  10?9の通り、PC2つのXBeeを接続し、一方のターミナルから送信したデータが他方のターミナルに送信されること、その逆方向でも送信されることを確認します。PC2台使用できるのであれば、別々にXBeeを接続した方が面白いでしょう。

10?9 接続図


Previous: 5.1.1. XBeeとは

Up: 5.1. XBee

Next: 5.1.2.1. 接続方法


このページはITと知的財産の法律情報「法務ネット」の管理人が制作・運営しています。
_Toc266801166