3.1.1. ヘッダファイルのインクルード

マイコン入門spacer ad
トップページに戻る(マイコン徹底入門:STM32で始めるARM/Cortex-M3組み込み開発)
「マイコン徹底入門」とは? |  「マイコン徹底入門」を読む |  ダウンロード |  掲示板 |  筆者の自己紹介


Previous: 3.1. タスクの登録と実行

Up: 3.1. タスクの登録と実行

Next: 3.1.2. ハードウェアの初期化


マイコン徹底入門:RTOS編:フリーのリアルタイムOS活用法: 3. タスク管理: 3.1. タスクの登録と実行:

3.1.1. ヘッダファイルのインクルード

#include "FreeRTOS.h"

#include "task.h"

#include "queue.h"

 FreeRTOSを使用する場合には、アプリケーションのソースコード中で少なくとも以上の3つのプログラムをインクルードしておく必要があります。実際にはqueue.hはキュー(後述)を使用しないプログラムではインクルードの必要はありませんが、筆者はプログラム毎に分けるのが面倒なので、まとめてインクルードしています。実行ファイルのサイズにはほとんど影響はありません(筆者が確認したところでは50バイトしか差がありませんでした)


Previous: 3.1. タスクの登録と実行

Up: 3.1. タスクの登録と実行

Next: 3.1.2. ハードウェアの初期化


このページはITと知的財産の法律情報「法務ネット」の管理人が制作・運営しています。