2.1.1.3. Olimex: STM32-H103

マイコン入門spacer ad
トップページに戻る(マイコン徹底入門:STM32で始めるARM/Cortex-M3組み込み開発)
「マイコン徹底入門」とは? |  「マイコン徹底入門」を読む |  ダウンロード |  掲示板 |  筆者の自己紹介


Previous: 2.1.1.2. ストロベリーリナックス: STBee Mini

Up: 2.1.1. 本書で設定ファイルを提供しているマイコンボード

Next: 2.1.1.4. CQ出版社 : CQ-STARM


マイコン徹底入門:導入編:オープンソースでCortex-M3/STM32の開発環境を無償構築: 2. ハードウェアの選定と接続: 2.1. マイコンボード: 2.1.1. 本書で設定ファイルを提供しているマイコンボード:

2.1.1.3. Olimex: STM32-H103

 ブルガリアOlimexが製造・販売するSTM32ヘッダボードです。STM32F103RBを搭載しています。非常にコンパクトですが、JTAGコネクタ端子とスイッチ、LEDUSB端子はボード上に実装済みです。メモリとしては128KバイトのFlash ROM20KバイトのSRAMを搭載しています。STM32シリーズの中では大きい方ではありませんが、学習用途としては十分でしょう。価格も5000円弱と比較的安価です。

 STM32-H103Olimexのサイトで注文可能です。筆者が注文した際には2週間ほどで届きました。

http://www.olimex.com/

 日本ではストロベリーリナックス・ソリトンウェーブが販売しています。

写真 2?4 STM32-H103

***P3041201***


Previous: 2.1.1.2. ストロベリーリナックス: STBee Mini

Up: 2.1.1. 本書で設定ファイルを提供しているマイコンボード

Next: 2.1.1.4. CQ出版社 : CQ-STARM


このページはITと知的財産の法律情報「法務ネット」の管理人が制作・運営しています。