2.1.1.6. Olimex : STM32-P103

マイコン入門spacer ad
トップページに戻る(マイコン徹底入門:STM32で始めるARM/Cortex-M3組み込み開発)
「マイコン徹底入門」とは? |  「マイコン徹底入門」を読む |  ダウンロード |  掲示板 |  筆者の自己紹介


Previous: 2.1.1.5. イーエスピー企画 : CQ-ST103

Up: 2.1.1. 本書で設定ファイルを提供しているマイコンボード

Next: 2.1.1.7. イーエスピー企画 : CQ-STARMBB


マイコン徹底入門:導入編:オープンソースでCortex-M3/STM32の開発環境を無償構築: 2. ハードウェアの選定と接続: 2.1. マイコンボード: 2.1.1. 本書で設定ファイルを提供しているマイコンボード:

2.1.1.6. Olimex : STM32-P103

 STM32-H103と同じくOlimexが製造販売する評価ボードです。搭載しているマイコンもSTM32-H103と同じSTM32F103RBです。そのためマイコン自体の性能としてはSTM32-H103と変わりません。

 STM32-P103は小型ですが、JTAGポートはもちろん、RS-232CCANSDカードコネクタを搭載しています。また基盤の3分の1程度がユニバーサル基板になっており、境目の部分にマイコンのピンが延長されたヘッダピンが並んでいます。そのため評価ボード上でディスクリート部品を実装して、開発を行うことができます。ボード自体が小型なのも相まって、評価ボードだけで最終製品を完成させるということも不可能ではないかもしれません。

 価格は6000円弱であり、Olimexやストロベリーリナックス・ソリトンウェーブから入手できます。

写真 2?7 STM32-P103

***P3041207***


Previous: 2.1.1.5. イーエスピー企画 : CQ-ST103

Up: 2.1.1. 本書で設定ファイルを提供しているマイコンボード

Next: 2.1.1.7. イーエスピー企画 : CQ-STARMBB


このページはITと知的財産の法律情報「法務ネット」の管理人が制作・運営しています。